ガラスを水中でハサミで切ることが出来る!その噂の真相とは?

「ケモメカニカル効果」って聞いたことがありますか?これは、ガラスに水中でハサミを入れると、水の分子が割り込むことでガラスが脆くなって簡単に切ることが出来るという効果のことを言います。アニメ「名探偵コナン」の中でも、事件解決のトリックに使われていました!そんな「ケモメカニカル効果」について今回はお話します。

スポンサードリンク

ガラスは水中で切断出来るのです!

私達の生活の中で、様々なものに使われているガラスですが、ガラスと言えば、落としたり強い衝撃を与えたりすると割れてしまうイメージがありますよね。しかし、実はガラスは水中であればハサミで切ることが出来るのです。ハサミを入れると圧力で簡単に割れてしまいそうですが、なんとチョキチョキと削るように切れてしまうのです!

では、ガラスが水中で切れることが分かったとしても何に使うことが出来るのでしょうか。ガラスを割ってしまったりガラスをゴミに出したりする際には細かくしなければなりませんよね。細かくしようとして砕くと、ガラスが飛び散ってしまいケガをする危険があります。ですので、ガラスを細かくしてゴミに出す際などに有効活用してみて下さい。

ガラスを水中でハサミで切ることが出来る理由

ガラスを水中で切ることによって「ケモメカニカル効果」という現象が発生しています。ガラスは、酸素とシリコンが結びつくことによって構成されている物質です。しかし、水にはその酸素とシリコンの結びつきを断絶させる効果があります。これを「ケモメカニカル効果」と呼びます。

スポンサードリンク

そのため、普通にハサミで切ろうとすると、酸素とシリコンの結びつきが強力な為、割れてしまいます。水中では、酸素とシリコンの結びつきが水によって弱くなっている為、ハサミで削るようにチョキチョキと切ることが出来るのです。

ガラスは水中で切れる!この原理を利用してDIYをしてみよう!

ガラス瓶を簡単にカット出来たらDIYの幅はぐっと広がります!ガラスで出来たウイスキーやワインのボトルをおしゃれにDIYする方法をご紹介します。

【用意するもの】

  • カットしたいガラス瓶
  • ボウル
  • 食用オイル
  • カッターの刃
  • ピンセット
  • ガスバーナー又はガスコンロ
  • ゴーグル又は眼鏡

【手順】
① カットしたいラインまで瓶の中に水を入れます。

② 瓶をボウルに入れ、ボウルの中にも瓶の中の水位とぴったり同じになるように水を入れます。

③ ボウルに少しずつ食用オイルを入れます。水面にまんべんなくオイルが行き届くように、しかし、オイルが厚くなりすぎないように注意します。瓶の周りにまんべんなく同量のオイルが行きわたり、薄い膜が出来るようにオイルを流しいれます。

④ カッターの刃をピンセットでつまみ、赤くなるまで熱します。※やけどには十分にご注意下さい!

⑤カッターの刃をゆっくりオイルにつけます。※油が飛び跳ねる可能性があるので、ゴーグルや眼鏡をして十分注意して下さい!

⑥数秒待っていると、パキッ!という音がするので、そうしたら完了です!!

ゆっくり持ち上げると、きれいに水位のところでカットされています。キャンドル入れや、小物入れ、グラスなどにも使うことが出来ます!色付きのガラスだったら、更にオシャレですね!

まとめ

まさかガラスをチョキチョキ切ることが出来るなんて、驚きですよね。アニメ「名探偵コナン」がこのトリックを使った事件を放送した時には、都市伝説なのではないか…アニメの中の作り話なのではないか…などとも言われていたそうですが、水の性質を利用した、真実だったのです!科学の力はまだまだ謎が多く、私達の日常生活に意外と近いところにあるので、面白いですね!!

スポンサードリンク
error: Content is protected !!