面倒くさがりズボラ主婦の簡単手抜き家事

主婦になって早24年、私は結婚までは実家住まいだったので、家事などやったことがありませんでした。そんな私が試行錯誤の結果、身につけた手抜き家事をご紹介します。

スポンサードリンク

掃除機がけは一週間に一度で大丈夫

掃除機がけを毎日されている方は多いと思います。でも、正直、掃除機がけって面倒じゃないですか?私は何よりも掃除機のコードを引っ張り出す作業が嫌いです。
 
それに夏などの暑い季節は、かなりの汗をかきます。考えてみてください。昔は掃除機なんて道具はなかったのです。畳の生活が中心だったせいもありますが、毎日のちょっとした埃はホウキで集めて塵取りでとる、それくらいで十分です。
 
家族の中にアレルギー体質の方がいる場合は別として、健康体であれば、埃ひとつで病気にはなりません。時代の変化で、最近ではフローリングの床が多くなりました。フローリングにホウキでは埃が舞ってしまいますね。
 
そのため、私は住居用ワイパーで気になるところを、気がついた時に拭いています。集めたゴミや埃は塵取りですくってゴミ箱へポイです。汗もかかないし、気づいた時に手軽にできるのでお勧めです。

スポンサードリンク

洗濯物はキャスター付きのラックに干すと移動が楽々

我が家では洗濯物は外に干しません。花粉やpm2.5、天候の変化が気になるので、布団類以外は除湿器を使って部屋干しをします。干すという作業も割と面倒で、洗濯機からカゴに移す、ハンガーにかける、それを干す場所へ移動する、と3つの作業が必要です。私はその中の一つしか行いません。
 
洗濯機の傍にラックを置いて、直接、洗濯機から取り出してハンガーにかけてラックにかけます。あとは好きな場所にラックを移動させて除湿器をかけるだけです。乾燥後の収納も簡単です。ラックをタンスの傍に置いて、立ったままたたんでタンスにいれれば終わりです。

料理の下ごしらえは電子レンジを活用すると簡単

フライパンで野菜炒めをするときなど、野菜に火が通るのに意外と時間がかかりませんか?火が通りやすいものと通りにくいもので、時間差を考えて入れなければならないので、タイミングも難しいものです。ところが、電子レンジを使えば楽々です。
 
皿に野菜を並べて水分の少ないものには少量の水をかけ、電子レンジで加熱、ラップをかけたまま余熱で火を通せば、電気代の節約にもなります。あとは肉などをフライパンで炒めて、色が変わったら野菜を入れて味を整えるだけです。
 
前もってレンジ加熱しておいて、食べる直前に炒めれば、時間もかなり短く仕上げることができます。炒め物に限らず、ホウレンソウやブロッコリーの下茹でも電子レンジを使えば、栄養分が茹で汁にとけだすこともなく、効率的にビタミンを摂ることができます。

まとめ

  • 掃除は週に一度。普段は気づいたところを住居用ワイパーで拭く
  • 洗濯物はキャスター付きのラックに干して除湿機をかける
  • 料理の下ごしらえは電子レンジを使って調理時間を短くする

現代人は忙しい日々を送っています。せめて毎日の家事を上手にこなし、他のことに時間を使いたいものです。
 
それを「手抜き」と考えるか「時間の使い方が上手い」と考えるかは、人それぞれですが、家事に時間を取られてうんざりしているなら、上手に手を抜くのも悪くはないのではないでしょうか。

スポンサードリンク
error: Content is protected !!