高齢者が健康を維持するための方法とは


高齢化社会が進む中で求められるのは、高齢者がいかに健康を維持して生活できるかということです。健康を維持するために心がけたいこととはどんなことでしょうか。

スポンサードリンク

自分は健康であるか、健康でないか

日本人の60歳以上の高齢者の方に「自分は健康であるか、健康でないか」と聞きますと70%の方は「自分は健康である」とおっしゃるそうです。

しかし、その方にさらに詳しく聞いてみると、医者には掛かっている、医師の処方する薬はもちろん市販の薬も飲んでいるという方がほとんどだそうです。

つまり健康であると自信を持っていながらも薬や医者とは縁は切っていないということです。

薬の服用は、本当に必要か

高齢者を病院において精密検査をすれば10人中9人が、心臓病、血圧、糖尿、前立腺 など、どこかしら難点を指摘されるのはよくあることです。

長年使ってきた肉体の疲弊であり仕方のないことかもしれませんが、最近は少し風邪気味と言うだけで風邪薬を服用したり、何もしないで、すぐに医者に掛かり医師の注射を受けたり、高い薬を服用したりすることが多いのではないでしょうか。

風邪は万病の元ともいわれていますので風邪をみくびる訳ではありませんが、風邪をひいた場合、温かい服装で温かい梅干し茶とか温かいものを食べ、よく睡眠をとりゆっくり身体を休めることが一番です。

スポンサードリンク

身体の不調は何かしら必ず原因があるはずですから、その原因を考えそれを排除することが第一です。

例えば肉体の疲弊であれば、薬や医者の注射よりも、まず、よく睡眠をとりゆっくり身体を休めることと言うのが一番の処方箋と言うわけです。

高齢者の肩こりと足の筋肉の退化

高齢者になると肩こりを訴える方が多くなるのですが、肩こりは血液の流れが悪くなる為で運動不足や食生活、体の使い方の間違い等が原因で起こります。

肩こりも風邪と同じように軽んじてはいけません。

肩こりは諸病の警戒信号、身体の黄信号で軽く見ないで気を付けてと言う身体からの警告なので、原因を確認し、その原因を排除していく必要があります。

また、高齢者は足が退化し少しの段差でも、つまずき転倒したりします。足の筋肉が退化している訳でこれも肉体の疲弊でありますが、足の筋肉はほっておけば段々と退化して、しまいには本当に歩けなくなります。

筋肉というものは筋肉の数そのものが増えることはありませんが、今ある筋肉を強化することはできるということです。

筋肉の強化は年齢に関係ありません。

だからと言って、若い人と同じ筋トレをすれば、それはまた別の弊害が出ます。

したがって、年齢に相応した筋肉を強化する筋トレをすれば、筋肉増強につながり、足の筋肉退化による転倒も防止できるようになります。

まとめ

健康だと思っていながらも病院へ通っている人が大半です。必要以上に薬を飲んだりする前に、健康をそこねている原因について考えることも必要です。

特に高齢者の場合は足腰の筋力の衰えによって、身体に悪影響を及ぼすことがあります。健康というものは人任せにせず、自分でできる体調管理を怠らないようにすることが健康を維持するための最良の方法ではないでしょうか。

スポンサードリンク
error: Content is protected !!