寝つきが悪い季節の変わり目。眠りが浅い原因とは?

季節の変わり目は寝つきが悪くなります。それは日照時間が深く関係しています。不眠の対策には日光浴をして体内時計をリセットするのか有効です。それでは、日光浴が不眠に効果的な理由をみていきましょう。

季節の変わり目の不眠の原因

  • 日照時間の変化

日照時間とは、日出から日没までの間に太陽が雲や霧などにさえぎられないで、実際に地上を照らした時間のことをいいます。
 
この日照時間に大きく影響しているのが昼と夜の時間の差です。簡単には冬至から夏至にかけて昼が長くなり、春分で昼と夜は同じ時間になります。
 
夏至を過ぎると今度は徐々に夜の時間が増え、秋分で昼と夜は同じになり、冬至で昼が最も短くなります。秋の季節はどんどん昼の時間が短くなる時期でもあります。
 
昼の時間が短くなると、なかなか目覚めにくくなり日中の眠気がすっきりしないことが増えます。人間も生き物ですから、目覚めやすさは日照時間と大きく関係しているようですね。

  • 気温の変化

昼の時間が短くなることに加えて空の上では、北にある冷たい空気と南にある暖かい空気が押し合い秋雨前線と呼ばれる冷たい雨が増えてきます。気温が少しずつ下がりながら、この秋雨前線が北から南へ通りすぎると、本格的な秋の気温になります。
 
気温が下がると人間の体は体温を上げるようになっています。寝る前に体温が下がった方が寝つきが良いと言われていますから、体温を上げようとする秋の季節は寝つきが悪くなりがちです。寝つきが悪く、そして目覚めも悪い1日中眠い時期になっていきます。

スポンサードリンク

日光浴が不眠に効果的な理由

寝つきが悪くなり、目覚めも悪くなる秋の不眠には日光浴がおすすめです。そこにはちゃんと理由があるんですよ。

  • 体内時計をリセット

日光浴が不眠に効果的な理由の1つに、午前中に日光を浴びることで人の体の中にある体内時計がリセットされるためです。

  • 必要なホルモンを作り出す

もう1つの理由は、日光を浴びることでメラトニンと呼ばれるホルモンが作られます。このメラトニンは夜になると寝つきを良くする働きのあるホルモンと言われています。

  • ストレスに強くなる

また、適度に日光に当たると体の中でセロトニンと呼ばれるホルモンの量が安定します。セロトニンの不足でストレスに弱くなり、不足しすぎるとうつ病になってしまうことが知られています。

関連記事

【冬季うつ病】悪化させないための対策と治療方法
【冬季うつ病】秋から冬の気分の落ち込みにご用心
「プチうつ」の症状別対策と解消方法

まとめ

日照時間が減り気温も下がる秋には、寝つきが悪くなり、目覚めも悪くなりがちです。
 
良い睡眠を取るためには日光浴が良いと言われていますが、その理由は体内時計がリセットされること、メラトニンが作られ寝つきが良くなること、セロトニンの量が安定してストレスにつよくなるためです。
 
秋の穏やかな暖かさの午前中、ウォーキングなどで日光浴をすれば、夜に気持ち良く眠れるようになります。

スポンサードリンク
error: Content is protected !!