ダッチオーブンの剥がれに効果的なシーズニングの方法とは?


焚き火に大きな鍋をかけて、外で作るカレー。映画の中の出来事を現実にしてくれるのは、キャンプ用品のダッチオーブン。ダッチオーブンは、焚き火や炭火などの直火にかけることができる丈夫な鍋。煮る、焼く、炒める、蒸す、揚げる、炊くなどすべての調理に対応しているため、万能鍋とも呼ばれています。焚き火や炭火にかけることができ丈夫であることから、中級者以上のキャンプを楽しませてくれる道具でもあります。

スポンサードリンク

ダッチオーブンの剥がれ防止に必要なシーズ二ング

便利なキャンプ用品のダッチオーブンですが、手入れをする手間もある道具です。特に表面の剥がれにはシーズニングは欠かせないメンテナンス。

シーズニングとは?

鋳鉄製のダッチオーブンは、梱包後の錆を防ぐために塗料やワックスが塗られている場合があります。また、使っていくうちに焦げ付きが取れず、ついつい洗剤でこすってしまうこともあるでしょう。

シーズニングとは、ダッチオーブンを火にかけて表面の塗料や汚れを燃やし、油を塗ることで表面をコーティングすることで、料理に使え錆づらい状態にすることをいいます。

ダッチオーブンの素材の特徴

ダッチオーブンは、鋳鉄、ステンレス、鉄板、カーボンといくつかの素材によって特徴があります。その中でも、手頃な価格から本格的なものまで幅広く販売されているのは鋳鉄製です。ホームセンタでも販売している大手メーカーのダッチオーブンは、使用する機会が多いでしょう。

鋳鉄は頑丈で変形しにくく、1度温まると熱が逃げにくい特徴があります。さらに、炭火を蓋の上に乗せることも、焚き火の上に吊るしてカレーなどの煮物を作ることもでき、キャンプを楽しみにさせてくれることでしょう。ですが、いいところばかりではありません。それは、鉄製品の悩みの錆。そして、表面の剥がれと頑固な汚れです。

スポンサードリンク

鋳鉄のダッチオーブンは、錆びやすい特徴があることが悩みの種なのです。

シーズニングはどのタイミングで行うといい?

シーズニングは、ダッチオーブンを購入して初めて使う場面で必要です。また、何度か使用して表面の黒く光る部分が剥がれてしまったときにも効果があります。

ダッチオーブンの剥がれに効果的なシーズニングの方法

シーズニングの方法は、多くのキャンプ用品メーカーのホームページで取り上げており、内容も共通しています。ダッチオーブンの他に使用するものは、洗剤、水、食用油、野菜クズ、炒める道具、耐熱グローブです。

方法は次の通りです。

①1回目のみ水を貼り沸騰させる
②1回目のみ洗剤で、2回目以降は水で汚れを落とす
③油を塗り空焚きする
④野菜くずを炒める
②~④を3回程度繰り返す。

シーズニングを行うことで、鋳鉄製ダッチオーブンの表面は黒光りします。これは、酸化被膜といい「あえて表面を酸化させる」ことで錆を予防する効果があります。

関連記事

ダッチオーブンと普通の鍋の大きな違い

まとめ

ダッチオーブンは炭火や焚き火にかけることができる丈夫な万能鍋。煮る、焼く、炒める、蒸す、揚げる、炊くといった料理に必要な加熱調理を1つで賄えるキャンプに欠かせない道具でもあります。便利なダッチオーブンですが、利用する人の多い鋳鉄製ではシーズニングが欠かせません。

最近では購入直後のシーズニング不要の記載があるダッチオーブンもあり、便利になりつつあります。それでも、何度か使用するうちに表面の剥がれや頑固な汚れがつきものです。

剥がれを放置しておくと錆にもつながり、せっかくのダッチオーブンの機能を損ないます。シーズニングの手順は、少々面倒ですが、愛着を持ってメンテナンスをしてあげることで何年も使い続けることができますよ。

スポンサードリンク
error: Content is protected !!