使わなくなったシャンプーは捨てずに再利用!その使い道とは?

洗剤よりも洗浄力が強く、良い香りのする物があります。それはシャンプーです。頂き物や肌に合わず使わないシャンプーは、捨てずに再利用しましょう。どんな用途で使用するのが一番か、ご紹介致します。

スポンサードリンク

洗濯洗剤の代わりになる

実は洗濯洗剤よりも市販のシャンプーの方が、洗浄力があります。意外にもシャンプーって結構キレイに落ちるんです。体から出た汚れに効果があるらしく、髪の毛以外でも問題ないそうです。

生理の時や鼻血などで汚れが付いてしまった服は、熱いお湯につけおきをした後に血液が付着してしまったところにシャンプーをつけてこすり洗いをすると、汚れがキレイに落ちてくれます。汚れたらなるべく早くお湯に付けるのがキレイに落とすコツです。

シャンプーは上記にも記載した通り、良い香りのする物だと血液の嫌な香りが消えるのでおすすめです。しかも洗濯洗剤よりも香りが長持ちするので、お出かけ用の服を洗濯する場合のみ、シャンプーを使用する方が良いかもしれません。

使わなくなったシャンプーの再利用方法

シャンプーは洗濯洗剤の代わりだけでなく、掃除用の洗剤としても使用できます。トイレの便器にも使えます。

スポンサードリンク

洗浄力的には一緒ですが、香り付きの物で便器を擦ると良い香りがしてくれる為、芳香剤がわりにもなります。

また洗面台など鏡磨きにも使用する事が出来、しかも通常の曇り止めよりも長く持ちます。

車の窓にも使用可能で上記同様曇り止めの効果があるので、ワックスよりも高くなく経済的にとてもお得ですよ。

メイクブラシの洗浄

一般的にメイク道具のブラシの洗浄液は一本2、3千円する上に、あまり持ちません。しかしメイク道具のブラシもシャンプーを使う事により、安く済む上に、皮脂が落ちやすいためファンデーションなどの汚れをキレイに落とす事が可能です。

しかも洗い立てのブラシはふわふわに仕上がる為、市販の洗浄液よりもずっとさわり心地が良くなります。ただしブラシを洗浄する際は、しっかりとシャンプーを洗い落とす様にして下さい。ブラシにシャンプーが残っている状態だと、菌が繁殖しやすくなるためニキビや吹き出物などの原因になってしまう恐れがあります。

お手入れの頻度としては半月に一回程度を目安として下さい。ブラシを洗う時は40度くらいのお湯で流す様にするのがベストです。余裕があればシャンプー洗浄後に、リンスを使用すると毛先がよりしっとりしてきますよ。乾燥させる際は必ず天日干しで行って下さい。

まとめ

【使わないシャンプーの再利用】

  • 洗剤の代わりにする
  • トイレ掃除や洗面台の鏡磨きに使う
  • メイクブラシの洗浄に使う

頂きものや、買ったけど好みでなかったシャンプーは捨ててしまわずに、他のものに使うようにします。従来の洗剤よりも使いやすいものもあるので、試してみてください。

スポンサードリンク
error: Content is protected !!