【日傘の選び方】紫外線を避けるのには何色が効果的?

紫外線から肌を守るために便利な日傘ですが、何色がUVカット効果が高いのでしょうか。白・黒・シルバー・紺などの日傘の紫外線を避ける効果について書いています。

スポンサードリンク

日傘は何色が効果的?

色ごとに得られるUVカット効果を調べてみました。

  • 白い日傘

白い日傘は熱をはね返す効果を持ち、日傘そのものが熱くなりにくいです。黒い日傘ほど紫外線を避けることはできませんが、体感的では涼しく感じます。白い日傘を使う場合、生地は綿・麻・絹でできたものがおすすめです。

  • 黒い日傘

黒い日傘は日傘そのものが紫外線を吸収して肌に紫外線が当たるのを防ぐ効果を持ちます。白い日傘よりも紫外線を防ぐことはできますが、色の効果で赤外線、可視光線にも反応するため体感では熱く感じやすいです。

  • シルバーや紺の日傘

黒い日傘の内側がシルバーだったり、黒までとはいかず紺色の日傘も充分効果があります。前途の通り自然素材で作られた日傘は涼しさを感じやすいものの日差しには若干弱く、人工的な分厚い素材で作られた日傘は日差しには強い一方で涼しさはまず得られません。

スポンサードリンク

淡い色よりかは濃い色の傘のほうが紫外線を防ぐ効果は上がります。しかしながら、白黒関係なく100%紫外線を防ぐというわけではありません。僅差で黒い日傘のほうが白い日傘より少しだけ効果があるというだけです。傘の生地にUVカット効果を施されているかどうかが大事で、色そのものに大差はないようです。

裏地が白い日傘には注意が必要で、裏地が白っぽければ白っぽいほど光を反射して紫外線を上からも下からも浴びていることになります。白い日傘が黒より少し劣ってしまったり、淡い色の日傘が濃い色のものより若干劣るのはそれが理由になっています。

日傘の寿命

日傘の寿命は長くて3年だといわれています。しっかりとお手入れをしても3年程度が限界です。

もともと、UVカット効果を持つ日傘は日傘になる前の生地を染色する段階でUVカットの薬品を混ぜて作られています。晴雨兼用傘であれば度々雨に打たれ、携帯すると物理的な摩擦を受けてUVカットのコーティングがハゲてしまうのです。そのため長く持っても3年が限界だといわれています。

黒のポリエステルでできている日傘であればUVカット効果なしでも素材そのものが9割以上の紫外線をカットします。生地が分厚ければ分厚いほどカットする効果が高くなります。日傘を長く使いたい人、経年劣化によるUVカット効力の低下が心配な人には黒いポリエステル素材の日傘がおすすめです。

まとめ

日傘は濃い色のほうがUVカット効果が若干高くなります。裏地が白いと光を反射してしまうので、裏表が黒いものが紫外線対策に向いています。日傘の寿命は3年程です。それ以上使うと効果が半減しますので、買う時の目安にしてください。

スポンサードリンク
error: Content is protected !!