風邪の初期症状を薬を使わずにおさえる方法

風邪をひいたときには、身体を休めることが一番だと言われています。薬を服用すると逆効果になってしまうこともあります。熱や咳、鼻水などの風邪の初期症状に薬を使わず対処する方法をまとめています。

スポンサードリンク

微熱がでたときの対処方法

「熱があるかな」と感じたときは、身体を温めることをおすすめします。温かくすることによって、体内にあるウイルスを攻撃しやすくなります。栄養のある食事をたべることも、より効果的です。足の裏を指圧することにより、身体全体を温めることができます。
 
下熱剤をつかうと体温までさげてしまうので、(白血球のなかのリンパが不活発になるため)使用するときには、医師に相談することをおすすめします。

咳がでたときの対処方法

咳の原因の多くは、空気の汚れだといわれています。それを改善するためには換気が必要です。
 
咳がでたときには、部屋の空気を入れ替えてください。そして、外出時には、なるべくマスクをするようにしてください。マスクはウイルスの侵入を防いでくれるだけではなく、口を覆うことで湿気のある空間を作り出し、乾燥予防にもなります。

スポンサードリンク

喉の痛みの対処方法

喉の痛みには、うがいが有効的です。室内が乾燥している時の効果的な対処法は、洗濯物を部屋のなかに干すことです。そうすることで空気の乾燥を防ぐことができます。
 
部屋の香りを素敵な香りへと変えることによりリラックス効果にもつながります。空気の乾燥は、喉の痛みの原因の一つです。うがいを心がけて、喉をたいせつに守ってください。
 
喉のはれを感じたときには、お茶をおすすめします。温かい食べ物をたべて、ぐっすりと眠ることが必要なのです。

鼻水がでたときの対処方法

寒いと感じたときに鼻水が、出る場合があります。そんなときには洋服の重ね着などをして、寒さ対策を心がけてください。温かくして休養をとることが、一番の鼻水対策ということになります。
 
寒さ対策には、生姜湯やはちみつ湯を飲むのが一番だと言われています。空気の入れ替えを行なわなくていいように、空気清浄機などを買うと便利です。

頭が痛いときの対処方法

頭に痛みを感じたときには、痛い部分をとりあえず冷やすことから始めてください。氷を使って効率よく冷やすと効果的です。頭痛のときには、睡眠をとることをおすすめします。
 
心の中から癒してくれます。静かに眠ることで、疲れている頭をたっぷりと休ませてくれます。頭の休養はからだの元気の源だと思っています。

まとめ

風邪を引いたら、薬を服用する前にやっておきたいことがあります。それは身体を温めることです。足の指先を温めて血行改善したいときには、45度くらいのお湯での足湯がおすすめです。
 
身体を温めて休養を取ることが何よりも大切です。こじらせる前にしっかり休むようにしましょう。

スポンサードリンク
error: Content is protected !!