子供を一流スポーツ選手にするための家庭環境とは?

日本や海外で活躍する一流スポーツ選手は、子供の頃から競技を始めています。しかし、個人ではなく親、兄弟、友人、先輩などと一緒に楽しんでいたようです。どのような子育てをすれば一流のスポーツ選手になれるのか、考えてみましょう。

スポンサードリンク

スポーツは、幼少から与えてみよう

結婚して子供が生まれれば、親は子育てに力を注ぎます。将来への道を考えたり、指導する親も多いはずです。家庭によって、成功を願い勉強を幼少時から取り組ませるケースもあります。複数の習い事をさせて、基礎を学ばせるのも良いと言えるでしょう。
 
また、近年は、一流スポーツ選手に育てたいと願う親が増えています。日本では、多くのスポーツが盛んであり、成功者として記録、記憶に残る活躍をした人が多数います。
 
一流プロスポーツ選手は今や年収が1億円以上稼ぐなど、魅力的な職業です。成功している選手は、才能を磨きと努力の積み重ねですが、親や子育てが関わっています。
 
例えば、プロ野球選手は、幼少の頃から野球を始めた人が多く親しむ、楽しむ事から覚えていきます。親がグラブとボールを与えてキャッチボールをしたり、友人達と草野球をして遊んだはずです。一流スポーツ選手に育てたい人は、個人で行うより家族、兄弟で楽しむ感覚で行って欲しいです。

スポンサードリンク

一流選手は、スパルタ子育てではなれない

また、一流スポーツ選手の多くは好きから始め、力を付けていくようになります。スポーツは、楽しくないと長く続けるには難しいです。楽しむ気持ちは、幼少時から覚え競技の魅力、深みにはまっていきます。
 
しかし、楽しむよりやらされる気持ちが強いと、一流選手になるには難しいです。親が幼少時にスポーツを指導する場合、スパルタ式指導は禁物になります。厳しくハードな練習、トレーニングは、子供が純粋に競技を楽しめない事が多いです。
 
ある選手は、親に幼少時に過酷なトレーニングを指導されて、10代で競技を辞めてしまいました。原因は、楽しむより厳しさが勝ち過ぎて、競技に打ち込む純粋さが消えてしまった結果です。
 
親は、競技の魅力、楽しさを教える事を基本に指導する事がベストになります。成功を目的とした指導より、趣味から将来、努力へと進ませるような子育てが一流を生みます。

スポーツと勉強の両立は、一流選手を引き合いに出そう

しかし、一流スポーツ選手は幼少から競技を学びますが、勉強はしなくなる傾向が高いのが現実です。ある野球選手は、高校、大学と野球で進学してプロへ入ったため勉強は、ほとんどしなかった思い出があるようです。
 
どこの親も、スポーツが出来て勉強もできる子を望みたいと考えます。スポーツ選手は、勉強ができないより、しない人が多いのが特徴です。
 
毎日学校が終われば、練習をして家に帰って勉強は正直しんどく、興味が出ません。勉強とスポーツが両立が出来る人に育てたいなら、親が活躍する一流選手を引き合いに出して話してみましょう。
 
「あの選手は、子供の頃、数学が得意だったらしいよ」
 
「しんどい練習をした後、家で勉強を2時間して有名な選手になったみたいよ」と、勉強も大事と刺激を与える事で心に響きます。
 
頭ごなしに「勉強しろ」より、「あの選手のようになりたいなら、勉強もできないとなれないぞ」と、勉強とスポーツの両立が成功する事を指導する事が理想です。

まとめ

一流のスポーツ選手は、厳しく育てられたのかというとそうではなく、まずスポーツを楽しむところからスタートしています。そして、スポーツを個人で行うより家族、兄弟で楽しむことが大切です。
 
家庭環境というのは、子供の将来に大きく影響を及ぼします。家族全員が協力してこそ、一流のスポーツ選手が育つのではないでしょうか。

スポンサードリンク
error: Content is protected !!