腹式呼吸のストレス解消効果が凄い!

私達が生活していく上で、一番気を遣うことは健康です。身体の調子を高めて維持していくには、規則正しい生活が必要です。しかし、何かと忙しい現代社会では、生活リズムが崩されて、ストレスも溜まりやすい環境です。従って、日頃からスムーズに行える健康法を自分で持っておくことが大事です。

スポンサードリンク

ストレスが溜まる弊害

昔と比べて、時間が経つスピードが速くなったと感じる人が増えています。時間が速くなることは、決してありえないのですが、人に求められる要求が高まっているために、人の感覚が速く感じさせているのです。

しかし、そのせいでストレスが溜まりやすくなっているのですが、その結果、健康障害を訴える人が多くなっていることも事実です。

ストレスから来る健康障害

ストレスが溜まることで、恐ろしいことは、身体の酸化がはじまることです。酸化とは、体内に活性酸素が増えてくる状態を指しているのですが、活性酸素により新陳代謝が悪くなったり、免疫力が低くなってきます。これにより普段掛からないような病気になってしまうのです。

また、精神面でも自律神経失調症になることもあります。交感神経と副交感神経のバランスが崩れて、精神的な不安定さが、健康にも悪影響を及ぼします。特に内臓系の症状を訴えることが、増えてきます。従って、ストレスを解消させることが、求められてきます。

精神を安定させるには

ストレスを解消させるには、日頃から平穏な時間を作ったり、スポーツや趣味を通して、ストレス発散ということが考えられます。しかし、忙しい環境下においては、ストレス解消法を実行させることは、簡単なことではありません。そこで身近な解決法として、注目されているのが、腹式呼吸なのです。

スポンサードリンク

腹式呼吸とは


私達が普段行っている呼吸は、肺呼吸です。腹式呼吸は、肺でなく横隔膜の上下運動で呼吸をする方法です。意識して、お腹をへこませたり、膨まらせることで、呼吸を行います。

腹式呼吸の効果

この呼吸を意識して行うことで、精神的なリラックス感が高まってきて、張り詰めた精神状態から脱することができます。その結果、体内の活性酸素は減少していきますし、自律神経のバランスも安定していきます。

その結果、ストレスがなくなり正常な精神状態が導かれ健康を維持させることができるのです。健康維持・増進法は、世の中にたくさんありますし、自分に合った健康法を見つけることが大事ですが、腹式呼吸は、場所や時間を選ばずできるので、おすすめできる方法です。

パニック症にも効果がある腹式呼吸

自律神経の乱れと関係している「パニック症」。息苦しくなったり、動悸が激しくなる特徴があります。パニック発作を起こしやすい人は元々呼吸が浅く、ストレスなどで緊張状態が続いていることが多いです。そのため、深く呼吸をする呼吸法が効果的です。

不安やストレスが続くと、交感神経が優位になり緊張状態が続くので、リラックスすることができません。腹式呼吸をすることで、深い呼吸ができるようになり、副交感神経が優位になるためリラックスした状態をつくることができます。

まとめ

  • 昔と比べストレスが溜まりやすく、健康障害を訴える人が増えている。
  • 交感神経と副交感神経のバランスが崩れて、精神的な不安定さが、健康にも悪影響を及ぼす。
  • ストレス解消法の身近な解決法として、腹式呼吸が注目されている。
  • 腹式呼吸は、肺でなく横隔膜の上下運動で呼吸をする方法。
  • 腹式呼吸をする⇒体内の活性酸素が減少する⇒ストレスがなくなる⇒正常な精神状態に導かれる⇒健康を維持できる
  • 腹式呼吸はパニック症にも効果がある。

ストレスの多い社会でストレスを減らすのは簡単なことではありません。しかし、腹式呼吸は道具や場所もいらないので仕事中でも通勤途中の電車の中でも行うことができます。ちょっと疲れているなと感じたら、腹式呼吸でリラックスしてください。

スポンサードリンク
error: Content is protected !!