朝から子供にイライラしないためのひと工夫

毎日忙しく奮闘しているお母さん。中でも平日の朝がバタバタ度最大の山場ではないでしょうか。やることいっぱい怒涛の朝を優雅に微笑みながら軽やかに乗り越えらえるお母さんになるためのちょっとしたコツをお伝えします。

スポンサードリンク

朝のタスク削減は前夜の段取りで決まる

朝食準備、お弁当作り、自分の身支度、小さいお子さんがいる場合は着換えの手伝いやおむつ替えまで…朝のお母さんはいつにもまして朝の時間帯にやりきらなければならないタスクが満載です。

しかし、作業としては毎朝ルーティン手順でできるものが多いので、事前に準備できるものは前夜のうちにことが朝の作業を済ませておくことが朝のゆとりを生むポイントです。

たとえばお弁当づくりタスクについては

  • 朝使うお弁当箱や箸箱、ランチョンマットを台所に出しておく
  • お弁当に使う食材をトレーにまとめて冷蔵庫の取り出しやすい場所に置いておく

たったこれだけでも、翌朝、寝起きのぼーっとした頭でキッチンに向かっても献立やおかずの詰め方を考えずに体を動かすことができます。お弁当づくりだけでなく、朝食準備や身支度、子どものお世話についても前夜のうちに使うモノの準備をしておくだけで、朝がぐぐっと楽になりますのでぜひお試しください。

夜にはゆっくりしたいという方も5分~10分を翌朝の自分のゆとりのためにと使ってあげることをおすすめします。

「本日が提出期限」の書類や集金袋にもイライラしないための「9999円入り封筒」

「お母さん…これ…」と朝から忙しく立ち回る母に、子どもからおずおずと何かが差し出されるとき、心躍るモノが目の前に現れることはほとんどないのではないでしょうか。

スポンサードリンク

軽くめまいを感じながら受け取った提出物が本日締切だとしても、学校への提出書類ならまだ何とかなりますが、学校教材の購入申込みと費用集金袋を兼ねたものだったりすると、精神的ダメージは相当大きなものになりえます。

多くの場合、学級だより等で事前に用品購入についてお知らせ一文があるので、そのことが頭に残っていたとしても、おつりなくきっちりお金を準備することが求められていることがほとんどなので、小銭が足りなくて家中からかき集めたりするのはタイムリミットのある朝は本当に焦るのです。

そんな焦りを解消してくれるのが「9999円入り封筒」です。封筒でなくても財布でも箱でもなんでもよいのですが、9999円の現金を常に家に準備しておくことで、急な集金にもにっこり余裕で対応できる心のゆとりが生まれますので、ぜひ子育て中のご家族の方に参考にしていただきたいと思います。

もちろん、日ごろから学校からのお知らせはすぐに渡すようお子さまにお伝えください。それと、使った小銭の補充はその日のうちにするようにしましょう。次回必要なときに慌てないためにも常にチェックをする習慣をつけましょう。

関連記事

【頑張らない育児】子育て中のイライラ対処法

子育て中のイライラをどう対処したらいいの?

5分で出来る子育てイライラ解消法

まとめ

朝は時間との闘いです。少しでも早く準備をしなくてはならないのに、小さい子供がいるとなかなかこちらが思うように進みません。日頃から準備をしておく癖をつけておけば心にゆとりが生まれます。

新学期に必ず持っていく雑巾などは時間のあるときにまとめて縫っておけば慌てずに済みます。特に新1年生のいるご家庭では近所の先輩ママさんたちに年間を通して必要なものを予め聞いておくといいですね。

スポンサードリンク
error: Content is protected !!