私が実践していた赤ちゃんが泣き止まないときのイライラ解消術


子育て中って、イライラしちゃうことが多いですよね。特に初めての子育てでわからないことも多く、頼れる人もいない。独身の時のように、カラオケ行ったり、エステ行ったり、自由に解消できない。そんな私の手軽にできるイライラ解消術です。

スポンサードリンク

一緒に大きな声で、赤ちゃんのように泣く

なかなか泣き止まない赤ちゃん。母乳をあげても、よしよししても、長い時間抱っこしても泣き止まない…。こっちは一生懸命あやしてるのに!!なんで!!ってお母さんも泣きたくなります。
 
そんなとき私は、一緒に大きな声で、赤ちゃんのように泣きます。けっこう恥ずかしいのでだれもいない時じゃないとできませんが…。
 
そして赤ちゃんは突然お母さんが大きな声で泣いたのでびっくりした顔をします。一緒に泣いてスッキリしたら、また笑顔で赤ちゃんに向き合うことができます。
 
涙はいつもがんばっているお母さんの心を浄化してくれて、またがんばる力を与えてくれます。ぜひ赤ちゃんと一緒に大きな声で泣きましょう。

散歩に行く

良く言われていることかもしれませんが、外にお散歩にでる。うちの子はこの方法はかなり効果がありました。
 
もちろん子供が泣き止んでくれることで、イライラも減りますが、自分自身も外の風にあたることによって、なんだか気持ちがすっきりします。天気がよければ、空がきれいだなっとか、風が気持ちなって思うだけで、少し元気がでます。
 
さらにコンビニなどに小銭だけもっていって、好きなの飲みもの(すこし高級なもの)を買うだけでもプチ贅沢ができた気分になり、イライラも解消します。

スポンサードリンク

声に出して、赤ちゃんをほめまくる

単なる気休めのようですが、声に出して、赤ちゃんをほめまくる。泣いていて、自分もイライラしているので、なかなか難しいとは思いますが、イライラしたら一回深呼吸をして、「泣き声が元気だね」っとか「泣いてる顔がかわいいね」「一生懸命泣いているね」っとかほめまくります。ポイントは声に出すことです。
 
どんだけ可愛いわが子でも、赤ちゃんの泣き止まない時の泣き顔は可愛いって思えない時もあります。でも不思議なことに、声に出してほめることで、赤ちゃんのことが可愛く見えてきます。
 
私はこの方法を実践しているので、わが子の一生懸命泣いているあの顔が可愛くってしょうがありません。今では、顔が見たくて泣いているのに顔をじっとみていることもあります。

まとめ

赤ちゃんはこちらの都合はお構いなしにいつでも泣くので、母親も泣きたくなってしまいます。イライラすると悪循環。いつまでも泣き続けます。
 
ならば、お母さんも一緒に泣いてみましょう。これが意外と効果があります。そして一緒にお散歩すればお互いに気分も落ち着きます。1人では動けない赤ちゃんだからこそ、家の中にいれば余計に退屈なはずです。
 
母親は家事に追われているので、心に余裕がなくなります。しかし、完璧に家事をこなそうとはせず、少々手抜きしながらでも、我が子の成長にじっくり目を向けてみてください。
 
心に余裕があれば、泣いてる顔さえ可愛く思えます。泣いてる顔をカメラに収めておくと、後から見たときになんとも言えない懐かしさがあります。そんな風に心に少しのゆとりを持って過ごしてみてください。気がつけば、全て笑い話になっているはずです。

スポンサードリンク
error: Content is protected !!