「セラミド」「ヒアルロン酸」「レチノール」乾燥肌にはどれが効果的?

デパートの化粧品売り場に行って、ショックだったことがあります。肌診断をしてもらったら、表面だけは潤っているけど奥の部分の水分は全く足りていない、いわゆるインナードライだったのです。

肌の表面の潤い不足と真皮層の乾燥に必要な美容成分は違います。「セラミド」「ヒアルロン酸」「レチノール」は乾燥肌にはどれが効果的か美容部員さんのお話を元にまとめました。

スポンサードリンク

表面の潤いには「セラミド」

表面の乾燥を改善するにはセラミド配合の化粧品が最適です。セラミドは肌表面の角質層にある細胞間脂質の主な成分です。

細胞間脂質はレンがのように幾重にも積み重なった構造をしていて、水分を蓄えているところです。セラミドはこの細胞間脂質の約50%を占めています。

セラミドは非常に高い保湿効果を持ち、お肌のバリア機能を回復させる効果があります。なので、肌表面が乾いているならセラミド配合の美容液が有効です。

真皮層には「ヒアルロン酸」

しかし、今の私のように肌の奥の真皮層が乾いた状態ならヒアルロン酸がおすすめです。真皮層には線維芽細胞というものがあり、コラーゲンやエラスチンの隙間をヒアルロン酸が埋めています。

ヒアルロン酸はもともと人の体の中に存在する成分で、非常に高い保湿性と水分保持力を持っています。何とヒアルロン酸1グラムで水分6リットルを抱え込むことができるそうなのです。

しかし、加齢とともにその量は減っていくので、ヒアルロン酸を補うことはとても大切なことなのです。

スポンサードリンク

但しサプリとしてヒアルロン酸を飲んでも効果は期待できないそうです。

さらにハリを求めるなら「レチノール」

やはり、まずは肌表面の角質層とその奥の真皮層の保水状態を改善することが先決なのですね。その上で、さらにハリアップを目指すならレチノールです。

ハリと言えばコラーゲンを思い浮かばれると思いますが、実はコラーゲンの分子は大きいので、肌の奥の真皮層まで浸透しないのです。

そこで登場するのがレチノール。レチノールはビタミンAの一種で、繊維芽細胞を活性化する働きがあります。そしてコラーゲンを増やしてくれるのです。

ハリアップをしたいからと、自分の肌状態を見極めずに、最初からビタミンC誘導体など刺激のあるものを使っても意味がないということなのですね。

ハリアップの食材「アボカド」

どんなに化粧品に気を配っても、それだけではいけません。だって、私達の体は食べ物でできているんですから。ここでは、ハリアップの味方として、アボカドを紹介します。

アボカドは世界一栄養価の高い果物としてギネスに認定されているんです。いろんな栄養素が含まれているんですが、なんと、あのコエンザイムQ10も入っています。

コエンザイムQ10は強い抗酸化力を持ち、お肌のターンオーバーを正常にし、美肌に導いてくれる、私達の強い味方です。またビタミンB群も豊富に含まれ、皮膚を健康にし、ターンオーバーを促進します。さらに、「若返りのビタミン」も豊富です。

但しカロリーが高いので、一日半分くらいにしましょう。

まとめ

肌のどの部分が乾燥しているかによって肌に必要な成分が違ってきます。自分の肌が乾燥肌の中でも表面なのか真皮層なのかを見極めることが大切です。そして、ハリアップの味方はアボカドです。表面だけでなく、身体の中からもきれいを意識するようにしましょう。

スポンサードリンク
error: Content is protected !!