アウトドアナイフ(サバイバルナイフ)の使い方と種類

夏のキャンプに備えて役立つアウトドアナイフ(サバイバルナイフ)の使い方と種類について説明しています。また、おすすめのナイフメーカーも紹介しています。

スポンサードリンク

キャンプに役立ち気分も高まるアウトドアナイフ(サバイバルナイフ)の使い方

  • 食材を切る
  • 荷物やちょっとしたもの、ロープなどを切る
  • 枝や木を加工する
  • 薪を割る
  • 穴を掘る
  • 金槌の代わりに使う

キャンプの楽しみに火をおこしてバーベキューや焼き肉をする方がほとんどではないでしょうか?肉や野菜はあらかじめ切ってあるものも多いですが、アウトドアの楽しみとして野外で調理することもいいですよね。

本格的に肉の塊を切ったり魚を捌くには出刃包丁を持っていくのが1番ですが、ちょっとした調理にはナイフも役に立ちます。食材の他にもレトルトのパックや荷物のテープを切るときのハサミの代わりにもなりますしね。

そしてアウトドアの楽しみに木や枝を加工して何かを作るとき、薪を割るときにもナイフは役に立ってくれます。頑丈で大きなナイフはスコップの代わりにテントを立てるときの穴を掘ったり、持ち手の部分が金槌の代わりになるものもあります。

2種類あるアウトドアナイフ

  • シーフナイフ

シースナイフはシース(鞘)に入った包丁のようなナイフです。思い浮かべやすいのは映画などで目にするサバイバルナイフですね。

スポンサードリンク

シースナイフのメリットは作りが単純なため頑丈で、手入れもしやすいことです。逆にデメリットは荷物としてかさばってしまうことです。

  • フォールディングナイフ

フォールディングナイフは、いわゆる折りたたみナイフです。メリットはナイフの刃の部分が握る部分に収まるためコンパクトで持ち運びがしやすいことです。

逆にデメリットは作りが複雑で荒っぽい使い方をすると故障につながることと、汚れを落とすときに手間がかかることです。

おすすめのナイフメーカーは?

  • G-サカイ

G-サカイは関市で昔は刀を、最近では包丁やハサミを作る刃物メーカーのナイフです。国産で刃物としての切れ味は抜群でサビないナイフも作っています。海でのアウトドアで非常に役に立つナイフを多く販売していますよ。

  • スパイダルコ

スパイダルコはアメリカの刃物メーカーで、登山隊や軍隊などでも使われるナイフを製造しています。販売されているナイフの種類が多く、アウトドアの目的に合わせたナイフを選ぶことができます。刃の部分は先ほどのG-サカイが製造しているので切れ味も抜群ですよ。

  • バックナイフ

バックナイフはフォールディングナイフで有名なアメリカの刃物メーカーです。バックナイフのフォールディングナイフはアメリカでは普段使いされているほど有名です。フォールディングナイフは刃物でありながら簡単な機械でもあり、歴史のあるメーカーのものは信頼も高いといえますよね。

関連記事

キャンプに適したアウトドアナイフと銃刀法

まとめ

ナイフのお話、いかがでしたか。使い方を知っていればとても便利に使えますね。ナイフは刃物ですから持ち歩きには少し法律を知っておく必要もあります。ナイフにまつわる法律の話も覚えておくことも大切です。

スポンサードリンク
error: Content is protected !!