iPhoneの手帳型ケースの選び方。購入する際にチェックするポイントとは?

もはや生活に欠かせないスマートフォンですが、iPhoneは特に人気で、累計販売台数は10億台を突破し、世界中で大人気となっています。そんなiPhoneですが、手帳型ケースや背面用ケースなど、様々なケースが販売され、選ぶのに苦労します。今回はiPhoneの手帳型ケースを購入する際に役立つ、豆知識をご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

薄くて携帯しやすいか?

手帳型ケースは表紙があることにより、iPhoneの表裏両面を保護できますが、背面用ケースより厚みがあり、洋服のポケットに収まりにくいという欠点があります。
 
よって、iPhoneの手帳型ケースを購入する際には、程よく薄いものがお薦めです。薄い手帳型ケースをお選びになるには、表紙や裏表紙の素材自体が薄いことはもちろん、表紙を留めるベルトがないケースを選ぶことも有効です。
 
表紙を留めるベルトがないケースは、iPhoneを落下させた際に、勝手に表紙が開き、iPhoneが露出するおそれがあるため、iPhoneを頻繁に落下させる方には不向きですが、スッキリしたフォルムで、洋服のポケットから出し入れしやすく、手の平の小さな女性の方も持ちやすいというメリットがあります。
 
ちなみに、iPhoneの手帳型ケースの中には、ベルトがない代わりに、表紙や裏表紙にマグネットが内蔵され、その磁力により、表紙を留めるケースも販売されています。それらのケースをお選びになれば、薄くありつつも、表紙が勝手に開かず安心です。

衝撃に強いか?

手帳型ケースは表紙があるため、背面用ケースより衝撃に強く、落としても比較的安心ですが、あまりに薄いケースは、iPhoneを落下させた際に、iPhoneが壊れる虞があります。
 
iPhoneを頻繁に落下させる方には、ある程度、厚みがある生地で作られた、しっかりした手帳型ケースがお薦めです。厚みがあるケースをお選びになるには、まずは、ケースのパッケージなどを確認し「超スリム」など、薄いことを強調していないか確認することが大切です。
 
続いて、ケースの製造メーカーなども確認し、可能であれば、3,000円程度以上で、国産のケースがお薦めです。それらのケースは、しっかりした生地で作られ、程よく厚みがあり、衝撃にも比較的強くなっています。
 
また、iPhoneを頻繁に落下させる方には、背表紙にストラップホールがあり、ストラップを取り付けできるケースがお薦めです。ケースにストラップがあれば、iPhoneを落下させるリスクを軽減することができます。
 
ちなみにiPhoneの手帳型ケースの中には、スポーツシューズの靴底などで使われる、衝撃吸収材入りの生地で作られた、特に衝撃に強いケースも存在します。それらのケースは、通常の手帳型ケースより厚みがあり、持ちにくいというデメリットがありますが、iPhoneを強固に保護してくれます。

スポンサードリンク

長く使えるか?

iPhoneの手帳型のケースは大抵、ポリウレタンで作られています。ポリウレタンは軽く、水濡れに強く、雨の日も気軽に使えるというメリットがありますが、過度の耐久性は期待できません。
 
それでも、3,000円程度の国産の手帳型ケースであれば、ポリウレタン製でも、ある程度長持ちします。しかし、1,000円程度で購入できる、外国製のケースなどは、やはり長持ちしません。
 
安いケースには、それなりの理由があり、何度もケースを買い換える必要があります。手帳型ケースをお選びになる際には、国産で、3,000円程度以上のケースがお薦めです。
 
また、iPhoneの手帳型ケースの中には、牛革で作られた本革製のケースも存在し、牛革はポリウレタンより長持ちします。特に長く使えるケースをお選びになる際には、牛革製のケースも有効です。
 
ちなみに、牛革製のケースにも、2,000円程度で購入できるケースが存在しますが、そのケースは「牛床革」で作られている可能性があります。
 
牛床革とは、牛革を加工する際に出た、牛革の破片を集めて作られた皮革で、牛革で作られたケースより、耐久性が劣る可能性があるため、購入には注意が必要です。

マグネットが使われていないか?

手帳型ケースは大抵、表紙を留めるベルトの留め具に、マグネットが使用されています。マグネットで表紙を留めるケースは、ベルトを簡単に取り外せるため人気ですが、磁気は、キャッシュカードやクレジットカードに入っているチップを破壊します。
 
キャッシュカードやクレジットカードが入ったお財布と一緒に、iPhoneを携帯することが多い方には、マグネットが使われていない手帳型ケースがお薦めです。
 
マグネットが使われていない手帳型ケースは、あまり販売されていませんが、表紙を留めるベルトの留め具に、スナップボタンが使用されているケースは、大抵マグネットが使用されていません。
 
また、手帳型ケースは、表紙の内側にカードスロットがあり、キャッシュカードなどを収納できますが、ベルトにマグネットが使用されていると、収納したカードが、やはり磁気で壊れてしまうため、注意が必要です。

利便性はあるか?

iPhoneの手帳型ケースの中には、表紙を閉じたまま電話に出て、そのまま通話ができるケースや、お札入れや小銭入れが付いているケースなども存在します。
 
表紙を閉じたまま電話に出て、そのまま通話ができる手帳型ケースは、表紙の上からiPhoneをタッチしつつ電話に出ることが可能で、さらに、iPhoneの受話口と重なる様に、表紙に穴があることにより、そのまま通話も可能となっています。表紙を閉じたまま通話をすれば、電話中に表紙が邪魔になったり、iPhoneが皮脂で汚れず便利です。
 
また、お札や小銭が入るケースは「財布型ケース」と呼ばれ、お昼休みなどに、コンビニにお買い物に行く際に便利で、財布型ケースの中には、5つから6つ以上のカードポケットが付いてる、完全にお財布代わりになるケースも存在します。
 
さらに、iPhoneの手帳型ケースの中には、背表紙に2つのストラップホールがあり、ショルダーストラップを取り付けできるケースも販売されています。
 
ケースにショルダーストラップを取り付けできれば、iPhoneをショルダーバッグの様に、肩から提げることが可能になり、携帯に便利です。
 
iPhone手帳型ケース【ランキング】

まとめ

iPhoneの手帳型ケース選びに役立つ、豆知識をご紹介させて頂きました。iPhoneをお使いで、手帳型ケースを新たに購入する際や、ケースを買い換える際に、是非お役立てください。

スポンサードリンク
error: Content is protected !!