ゴルフをする時の服装マナー 襟なしの服・パーカー・麦わら帽子はOK?

ゴルフ場にはドレスコードがあります。ゴルフ場のサイトを見たらきちんと載っています。しかし、ドレスコードのような服装でゴルフ場に行く人を見たことない!と思うかもしれません。初心者だと、どの程度ドレスコードを守ったり崩したりしてよいのか判断が難しいですよね。そこで今回はゴルフをする時の服装のマナーについてお話しします。

スポンサードリンク

ゴルフをする時に襟なしポロシャツはOK?

「襟のついた服装を着用のうえ、短パンや無帽、首からタオルをかけながらのプレーは禁止します。」などの立て看板がゴルフ場ではよく目にします。

このように、大抵のゴルフ場では襟のついた服装でのプレーが規則になっています。理由は、ゴルフは昔から紳士のスポーツとして楽しまれてきたことが背景にあるようです。

ゴルフ場自体も、世の中の不景気や若者のゴルフ離れなどが原因で代金を下げ少しでも多くの人に来てもらおうとした結果、マナーを知らない初心者のプレイヤーが増えて、グリーンの上を走ったり、不快な服装の者が増えたりと、昔から利用されている人の気分を害することが多くなりました。

マナーを重んじるスポーツなので、他のプレイヤーが不快に思わない格好でプレーすることが規則とされています。格式高いゴルフ場になると、入場の際にブレザーの着用や革靴の着用が義務付けられているゴルフ場もあります。

ですので、ゴルフ場に行く際は、襟付きの服装で行ってください。また、ゴルフメーカーから襟なしのポロシャツなども販売されているようですが、これはあくまでもインナーとして着用するか、中に襟付きの服を着用するなどして使用してください。

スポンサードリンク

ゴルフをする時の服装でパーカーはOK?

冬のゴルフ場はとても寒いです。特に風が強い日は体感温度が更に下がります。そしてゴルフ場を回るときは待ち時間も多いです。防寒対策は万全で行きましょう!

そこで気になるのが、手軽に持ち運びが出来るパーカーはゴルフ場でのマナー違反にならないのかどうかです。結論から言うと、マナー違反にはならないでしょう。

ただ、色味や柄などは考えた方が良いでしょう。ただし、あくまで一般的に大丈夫、ということなので、格式の高いゴルフ場に行く際などは、ゴルフ専門ブランドが出している防寒着などを用意することをおすすめします。

フード付きのパーカーは待ち時間などにはフードを被って、首元もあたためることが出来るので案外便利かもしれません。

ゴルフをする時に麦わら帽子はマナー違反?

ゴルフ場を回るときは、直射日光を長時間浴びることになるので日射病や熱中症の危険から身を守る為に、帽子の着用が規則であります。着用する帽子の種類は特に決まりはありませんので、麦わら帽子でもOKです!

ただし、キャップと違い麦わら帽子はスイング中にシャフトや腕があたることが懸念されるのであまりおすすめはできません。ラウンドの際は下記のような帽子を選ぶことがオススメです。

  • あまり派手ではないもの
  • つば部分が広すぎないもの
  • 通気性の良いもの

帽子はラウンドの際、自分自身を守る大切な役割があります。見苦しものは避けて、快適なものを選んでみてください。また、もしもボールが頭にあたっても大丈夫なように、衝撃にも強い帽子を選ぶのも良いと思います。

まとめ

ゴルフは他のスポーツに比べて少しだけマナーに厳しいスポーツです。服装・行動に暗黙の注意点がいくつかあるので、初めてゴルフ場行く際は、よく知っている人に色々と事前に教えてもらうのが一番良いと思います。かといって、あまり神経質になりすぎず、ゴルフ自体を楽しんで来てください!!

スポンサードリンク
error: Content is protected !!