Amazonギフト券を賢く売る方法

Amazonギフト券はスマートフォンの普及で日常生活で手にする機会が増えてきました。しかし、使わないという人も多いと思います。使わないなら換金するのが一番よい方法です。Amazonギフト券を賢く売る方法をご紹介します。

スポンサードリンク

使わないAmazonギフト券は売りましょう

2017年4月24日以降に発行されたAmazonギフト券の有効期限は、券種にかかわらず発行から10年になります。とはいえ、使わないものをいつまで持っていても仕方ありません。いつか使うかも…と考えて大事に保管している人に限って有効期限が過ぎてから思い出します。

Amazonギフト券は売る事が出来ます。使わないで無くしてしまう、有効期限が切れてしまう、番号を忘れてしまう、ということになる前に換金してしまった方が全額パーにしてしまったという悲しいことを防げます。なので、使う予定が無ければ早めに換金しましょう。

買取業者で売るのはやめましょう

一般的な買取業者は、そのお店が直接Amazonギフト券などを買ってくれると思いますよね。しかしAmazonギフト券は扱いにくいというイメージがあり、街の買取業者に行っても足元を見られて安く買いたたかれるのが良くある話なのです。

したがって、近所の買取業者では換金しない方がよいでしょう。ただし、買取額が低くても期限を切らすよりはマシと思うなら、一番面倒でない換金方法であると思います。この辺はよく検討してみてください。

Amazonギフト券を賢く売る方法

Amazonギフト券を賢く売る方法は、『ギフティッシュ(https://giftissue.com/)』というサイトで売る方法です。このサイトは、Amazonギフト券やitunesカードなどを販売できるサイトです。

スポンサードリンク

買い手と売り手の橋渡しのような仲介のような形を行っているサイトなので、中間マージンは少し掛かりますが手数料としてとられるだけなので、他の買取業者と比べて高値で売れます。

早く売り切りたい場合は相場よりも低い掛け率で出品して、急いでない時はAmazonギフト券があまり出回ってない時に高い掛け率で出品するなどニーズに合わせて選択できます。

また、このサイトでは企業が間に入ってくれるのでトラブルの心配などがとても少なく、電話対応もしてくれるので、もし取引している上で不安に思ったら相談することも出来るようになっています。

そして、このようなサイト上で売る場合取引したら取引件数として残るので、Amazonギフト券をこれから頻繁に売って行きたい、定期的に売る機会があるなどの人はこういうサイトにしっかりと登録しておくことで、売れば売るほど信頼度も上がり、売りやすくなります。

Amazonギフト券は今後もたくさん手にする機会が出てくると思うので目先の売るラクさではなく、長期的な利益に重きを置いて売りましょう。

個人でオークションサイトなどで売るのはリスクあり

ギフティッシュ以外にも、オークションで売るという方法があります。これも確かに高く売れます。

しかし、かなりのリスクがあります。相手から、買ったAmazonギフト券が使えないといわれる事も多く、そうなると信用がなくなってしまいます。また、最悪アカウントの停止にも繋がるので出品を考える際は十分に注意しましょう。

まとめ

《Amazonギフト券》

  • 使わないなら換金するのが一番
  • 近所の買取業者は買取金額が低い
  • 一番高く売れるのが『ギフティッシュ』
  • オークションで売るのはリスクが高い

使う予定のないAmazonギフト券を持っているなら、思い切って換金しておきましょう。いつか使うかもしれないと思って大事にしまっておいても、結局宝の持ち腐れに成りかねません。

スポンサードリンク
error: Content is protected !!