100円玉貯金で10万円の貯金に成功!そのコツとは?

貯金って難しいですよね。私自身も何度か貯金に失敗してしまった一人です。今年結婚したのですが、全く貯金できず相手側に相当負担をかけてしまう事となってしまいました。結婚後は同じ事を繰り返さないように、友人や知人に聞き何か良い貯金術はないか聞きました。10万円貯金成功のために私が実践した貯金方法をご紹介します。

スポンサードリンク

100円玉貯金のコツ

買い物のお釣りや財布に100円が入っていたときに貯金をする「100円玉貯金」。私は財布に100円があったら貯金箱に入れるようにしていましたが、長続きできませんでした。

その理由は貯金箱の中にいくら入っているのか気になってしまい、開けてしまいました。100円玉貯金を何回かやったのですが、ついつい気になって開けてしまいました。

あと、買い物とかで100円が全くない場合もあったので、わざわざ100円に崩すのが面倒くさくなってしまい、それ故やる気がなくなってしまいました。

友人に相談すると、何か良いことあった時など限定の時に入れているという話を聞きました。

それを聞き、私は何か良いことではなく「運動をした」、「お菓子を食べなかった」などの何か達成できたときに貯金をするようにしました。

すると、それが上手くいき、貯金箱がパンパンになってくれました。結果、10万円を貯めることに成功しました。

スポンサードリンク

1ヶ月分の使う金額を予め決めておく

他の人はどうやって貯金をしているのか聞いてみました。すると、主人や職場の上司は同じやり方をして貯金をしていることがわかりました。

それは、予め1ヶ月分の計画を立てて、使うお金を決めているのだそうです。

給料日に出たお金を全額引き出し、交際費がこの金額まで、貯金がこの分、携帯代金や必要な出費はこの額などと決めて分けておくのだそうです。

万が一、突然の出費があった時は、補填分を用意しておくと無理がないようです。

私はローンなどの月々の支払いが残っており、きちんと清算が出来ている訳ではないので断念しましたが、このやり方なら最初から金額設定しているため、やりやすいのでは感じました。

お金を貯めるのが苦手な人は「積立貯金」

当たり前かと思うかも知れませんが、本当にお金を貯められない人は積立貯金が一番です。積立貯金なら自分が設定した金額までに達しないと引き出すことすらできませんし、無理のない金額で貯めれるので私の周りの人や友人でやっている人は多かったです。

強制的にやらないと絶対に続かないと思い、私も2年ほど積立貯金を行っていました。月々2万円を自動的に積立してもらうようにしていました。

お金を引き出せないストレスがたまりましたが、2年後貯金完了の際にはすごく嬉しかったです。人生で初めてあんなにたくさんのお金がたまったと喜んでいました。

まとめ

500円玉を貯めようと思うと、なかなか貯められません。しかし、100円玉なら負担が少ないので軽い気持ちでスタートできます。たったの100円ですが、集まれば大きな金額になります。

どんな小さなことでもいいので、目標を決めて貯めるのが続けるコツです。どうしても貯金できない人は最終手段「積立貯金」で、しっかり貯めるのが良いと思います。

スポンサードリンク
error: Content is protected !!