格安SIMで家族のスマホ料金を大きく節約!


家族で使用すると携帯電話の料金がかなり掛かります。そんな携帯代を少しでも安くしたいと思いませんか。長期に渡って使用するものだからこそ、節約できるものは利用しましょう。家族で出来る携帯代の節約術をご紹介します。

スポンサードリンク

スマホ代を大きく節約出来る「格安SIM」

今や携帯と言えば「スマートフォン」が当たり前のように扱われています。スマートフォンが出回り始めた頃には、掛かる費用の高さから、「ガラケー」で通すと言う方もいらっしゃいましたが、この数年で携帯を所有する様になる中高生からすると、もはやスマートフォンが当たり前になっているのではないでしょうか。

スマートフォンも夫婦2人で利用している間は然程でも無いものだったかもしれませんが、お子様が持ち出し3人・4人となるになると、スマホ代も3万円・4万円となっていきます。データ量が制限を超えてしまい速度制限解除オプションを追加で利用したりすれば、あっという間に5万円などと驚きの料金になってしまうこともあるのではないでしょうか。

「格安SIM」って聞いたことがある方も多いと思います。けれど、実際行動に出られる方はまだまだ少ないのですが、徐々にユーザーは拡がりを見せており、現在は10人に1人が格安SIMを利用しているところまで浸透してきました。

魅力は何といっても、スマホ代のいわゆる「通信費」の安さに違いありません。現在利用のキャリアからMNPを利用して乗り換える場合、MNP費用が3千円程掛かりますが、それは短期間で元が取れてしまうほど。

スポンサードリンク

1つの格安SIM通信会社を例に取ると電話で通話も出来る「音声通話SIM」で、データ通信量が6GBの場合、2、150円ですから現在のキャリアでの費用と比べて半分以下、実際には1/3ほどになるのではないかと思います。

未成年のお子様のスマホも格安SIMにして家族ぐるみで節約をしようとするならば、ご両親を親としてSIMを契約し、「シェアSIM」としてお子様分を追加する形になります。例えばお父様名義で「親」となるSIMを契約し、データ量20GBで5,200円だとして、奥様・お子様2人の3枚の追加シェアSIMがそれぞれ900円だとした場合、7,900円が基本料金となるのです。

どうでしょう、現在利用のキャリアのスマホ代の1人分くらいではないでしょうか。

更にオプションを利用するとデータ量も節約

ちなみに「BIGLOBE SIM」を例にすると、「Youtube」などの流行の動画サイトをLTE通信で閲覧してもデータ量が加算されない「エンタメフリー・オプション」を利用することで、家族内のデータ量の節約につながります。お子様方は結構Youtubeを閲覧されていると思います。

家の中ではWi-Fiで閲覧するように言っても通信速度が悪かったりすると、ついついLTEで閲覧してしまったりしてデータ量が増えてしまうことに繋がっています。Youtubeをデータ量を気にせず閲覧することが出来るだけでも、かなりデータ量を節約出来ます。

格安SIMのデメリット

とは言え、格安SIMはメリットばかりではありません。

これまで利用してきたキャリアメール(docomo.ne.jpなど)は使えなくなります。しかし、現在多くのお子様方はLINEがコミュニケーションの主流になっていることからあまり問題とはならない様です。ご両親にとっても、Gmailやicloudメールをコミュニケーションツールとすることで十分代用出来るのではないかと思います。

まとめ

  • 格安SIMを使って家族のスマホの利用料金を安くできる。
  • 更にオプションを利用するとデータ量も節約できる。
  • 格安SIMのデメリットはキャリアメールが使えないことであるが、LINEがコミュニケーションの主流になっている世代には、あまり問題にならない。

スマホを家族で使用していると利用料金がかさみます。特にお子さんが学生の場合は使用料を親が支払っている場合がほとんどです。少しでも安くできるサービスを上手に利用して、出費を抑えることが節約の一歩になります。

スポンサードリンク
error: Content is protected !!