【自動車の維持費節約】激安輸入タイヤを検討すべきか?

自動車を長く乗り続けるためにどうしても必要なタイヤの交換ではありますが、通常1本数万円することもあるタイヤの交換をなるべく安く上げて、節約に繋げたいと思う方は多いのではないでしょうか。

そんな時に利用したい激安輸入タイヤですが、使用するのが不安な方もいらっしゃると思います。現在、需要が高まっている激安輸入タイヤの現状についてお話します。

スポンサードリンク

激安輸入タイヤって?

自動車のタイヤを安く交換出来ればという需要が高まる中、外国製、特にアジア圏で製造される激安輸入タイヤが販売店で扱われていることを良く見掛けるようになりました。

大手カー用品販売店の店頭にも並ぶようになったことは、云わば品質面でもお墨付きが得られている感じではあります。

激安輸入タイヤの販売価格は、国産タイヤメーカーや海外有名タイヤメーカーの半額以下ではあるものの、主な製造メーカーが韓国製や中国製ということもあり、性能的なマイナスイメージを持たれている方も少なくないようです。

しかし、激安輸入タイヤの1つ韓国メーカーの「ハンコック」は、メルセデス・ベンツ社の高級モデルの車にも純正タイヤとして使われるほどで、その信頼性は高いものであると考えて良いでしょう。

自動車メーカーの品質レベルは非常に厳しくそれをクリア出来ているのですから、激安=粗悪品ということは決してない現われです。

韓国タイヤメーカーが積極的にレース活動を展開し好成績を挙げる

自動車のタイヤは「命を預けるもの」と言っても過言ではないアイテムなので、確かに激安輸入タイヤを選ぶことに対してネガティブな意見も多々あったのは事実です。

スポンサードリンク

しかし、自動車業界で信頼を得るにはレースで好成績を挙げることが最短の近道とばかりに、韓国タイヤメーカーである「ハンコック」「クムホ」は積極的にレース活動を展開し、日本のスーパーGTなどのレースでも好成績を挙げるなどして信頼を高めてきました。

先にも紹介したように、メルセデス・ベンツを始め現在では多くの自動車メーカーで純正タイヤとして採用されるようになりました。

韓国製だけではないアジア圏からの激安輸入タイヤ日本進出

当初激安輸入タイヤと言えば主に韓国製のものでしたが、現在では中国の他台湾やインドネシアなど東南アジア諸国のタイヤが日本の市場で扱われるようになりました。

インドネシアは天然ゴムの世界的生産地として有名で、元々多くのタイヤメーカーの生産工場を担ってきた経緯があったことから、独自のタイヤメーカーが育ってきたということがあります。

激安輸入タイヤの評判は?

日本の市場で扱われている激安輸入タイヤの性能は、実際のところ国内タイヤメーカーとそれほど遜色を感じないという評判を良く見聞きします。

確かに走りにこだわりがある方の場合、ウエット性能や剛性(ごうせい:寸法変化[変形]のしづらさの度合い)といった面で差を感じるという言葉も聞かれます。ロードノイズがやや気になるという意見もあるようです。

価格面で見ると、国内メーカーのタイヤと比べて半額以下となるケースも多々あり、軽自動車の155-65-14サイズなどでは4本で交換工賃など含めても2万円以下で交換出来てしまうことは珍しくありません。

まとめ

車の維持費を節約するために激安輸入タイヤを使用するのをためらっている方は、何に重点を置くかを考えてみてください。

走りにさほどこだわりが無いという方や、軽自動車やコンパクトカーなどの場合であれば、激安輸入タイヤは自動車を維持していくのに必要な経費を節約してくれるアイテムとなるでしょう。

スポンサードリンク
error: Content is protected !!