札幌から行ける秋の花火大会

涼しくなった秋に札幌から行くことのできる花火大会の情報です。車での距離と時間、JRの所要時間や料金を書いています。

スポンサードリンク

札幌から行ける秋の花火大会

  • 木の城栗山花火(栗山町)

木の城栗山花火2017は9月24日に行われる秋の花火大会です。打ち上げ数は1700発で、当日はお祭りも開催される地域の花火大会です。
 

【アクセス】
電車:栗山町は札幌駅から特急で岩見沢駅へ、その後は普通列車に乗り換えてJR栗山駅へ到着することができます。所要時間は1時間10分程度、料金は2410円。
 
車:札幌市中心部から44km、高速道路を利用して54分です。
 
ちなみにこの程度の距離を北海道の人の感覚では「近い」と言います。高速道路で1時間以内の距離はちょっと隣町へ行く感覚なんです。

  • 洞爺湖ロングラン花火大会(洞爺湖町)


洞爺湖ロングラン花火大会は道内の観光温泉地の洞爺湖で行われる花火大会です。
 
北海道の花火大会では、歴史は古く、毎年夏から秋(2017年は、4月28日~10月31日)の週末に湖から上がる花火が宿泊客を楽しませてくれます。
 
移動しながらあげていく花火なので、洞爺湖温泉街からはどこから見ても楽しむことが出来ます。

スポンサードリンク

 
【アクセス】
電車:洞爺湖温泉への移動にはJRもありますが、最寄駅からバスを乗り継ぐ必要があるため、あまりお勧めできません。
 
車:距離は164km、高速道路を利用して2時間かかります。
 
この位の距離になると北海道の人の感覚では「ちょっと遠いと言います。」日帰りはできるけど、少しだけ移動時間はかかるよという意味です。

  • 登別漁港祭り(登別市)

登別漁港祭りは9月9日に行われるお祭りを締めくくる花火大会です。海の上から打ち上がる2000発の花火は圧巻です。
 

【アクセス】
電車:登別漁港へは札幌駅から登別駅まで特急で1時間10分程度です。駅から漁港までも徒歩10分ですので、JRが便利だと思いますよ。
 
車:距離は161km、高速道路を利用して1時間半程度です。
 
ちなみに登別と洞爺湖町は1つ街を挟んだ近場にあります。車では行き来に不自由を感じないはずですよ。

まとめ

今回は札幌から行ける秋の花火大会のお話でした。北海道は10月に入ると寒さも増してくるため、花火大会はほとんどありません。
 
9月はまだ暖かく、夜は少し涼しく過ごしやすい気候です。
 
札幌周辺の観光に花火大会はいかがでしょうか。ただし移動距離にご注意下さいね。

スポンサードリンク
error: Content is protected !!