バックパックの機内持ち込みについてまるわかり!

バックパックとは、長期の海外旅行の際に旅行道具を持ち運びするための大きいリュックサックのことを言います。

海外旅行といえば、キャリーバックや肩にかける大きめのメッセンジャーバックを使う人が多いとおもいますが、長期の旅行中は、徒歩での移動が多くなるため、両手が自由になるほうが好ましく、荷物が多いと肩にかかる負担も大きくなるため、メッセンジャーバックだと片方の肩にしか負担がかからず、バランスが悪いので疲れやすいので、バックパックがおすすめです。

バックパックといっても、種類は豊富にあります。また、あまり大きすぎて機内に持ち込めない!となるとまた面倒ですよね。そこで、バックパックの機内持ち込みについてお話していきます。

スポンサードリンク

バックパックの機内持ち込みが出来るサイズとは?

最近はLCCで海外旅行に行く人も増えていますよね。そして出来るだけ予算を抑えて海外に行きたいバックパッカーは特にLCCを多く使う機会があると思います。そこで注意したいのがLCCの機内に持ち込みが出来るバックパックのサイズや重量です。

各LCCでは、機内に持ち込むことが出来る手荷物のサイズ・重量の制限を設けており、制限を越えた手荷物は有料で預けなければなりません。

《日本から出ている代表的なLCC各社の規定サイズ》

・ジェットスター
・エアアジア
共に56×36×23(cm) 7kgまで

・バニラ・エア
55×40×25(cm)7kgまで

・スカイマーク
・ソラシドエア
・スターフライヤー
共に55×40×25(cm)10kgまで

・ピーチ
50×40×25(cm)10kgまで

バックパックの機内持ち込み可能な範囲で切り抜けるには?

LCCの機内持ち込みには重さ制限があります。そこで、バックパッカーにおすすめの持ち物についてお話します。

スポンサードリンク

まず、最初のポイントは、着ることの出来る服は着てしまいましょう!ジーンズは重いので、バッグに入れるのではなく履いていきましょう。また、ジーンズの下に薄手のパンツを履くのもひとつのテクニックです。また、パーカーやカーディガンなどの羽織物は腰に巻いていきましょう。

そしてアウターのポケットの中に、詰めることのできるものは詰めましょう!もう一つのポイントは、サブバッグにも出来るだけ詰め込みましょう!サブバッグはそこまで大げさにパンパンにしないかぎり、重さを計測されることはありません。

計測直前に移せそうなものはサブバッグに移してしまいましょう。ちなみにデジタルガシェット類は計量の時に外してもらえることが多いのですが、万が一の為、首からかけられるデジタルカメラなどは、あらかじめ首にかけておきましょう。

バックパックで機内持ち込みできるおすすめは?

沢山種類がありすぎて選ぶのも一苦労ですよね。そこで、バックパック初心者にも分かりやすい、これだけは押さえておきたい機能を紹介します。

ポケットの数が多いこと

これはマストです!ポケットの数が多ければ多いほど、荷物の取り出しが楽になります。よく出し入れするものと、いざという時にしか使わないものは、別々のポケットに入れておいた方が断然楽ですよね。メインポケットとは別に、最低3個以上ポケットがあるものを選びましょう。

バックパネルとショルダーハーネスがメッシュであること

バックパネルとは、背負った時に背中にあたる背面部分、ショルダーハーネスは肩にあたる部分のことをいいます。バックパックを背負って長時間歩いていると、背中は汗だくになることがあります。汗でむれない為にも、メッシュ素材のものがおすすめです。

ウエストハーネスが付いていること

ウエストハーネスとは、腰回りに巻き付けることが出来るベルトのことです。ウエストハーネスを締めることによって、負担を肩だけでなく背中全体に分散させることができるので、長時間歩く時にも疲労感が軽減されます。

ポケットがファスナータイプであること

ポケットがひもで結ぶタイプのものもあります。しかしひもで結ぶタイプだと、盗難防止用の南京錠をかけることができないので、あまりおすすめしません。

まとめ

バックパックは長旅の大事な相棒なので、デザインはもちろん、自分の納得したものに出会うことが出来るまで、妥協せずに探し求めてみるのが良いと思います。

スポンサードリンク
error: Content is protected !!